NSの整備、改造に関する記事です。
皆さんのバイクライフの参考になれば幸いです。

    シフトフォークの焼け、摩耗

 NSで時折見られる症状です。
 L・ギヤシフトフォークの爪が焼けたり、
 摩耗している事があります。
 酷い場合は交換。軽度の場合は、
 表面の修正とハードクロームメッキで、
 対応します。

 
 L側(LOW.3RD) R側(2ND.4TH)


 爪先の焼け、摩耗状態
      ピストンリングの交換

 使用限度をとっくに過ぎていたけれど、
 交換パーツが入手出来ずに我慢してました。
 しかし、ついに入荷しました。
 早速交換です。

 使用限界の合口隙間、0.35mmのゲージが
 余裕で入ってしまう。恐ろしやー !


 新品のピストンリングと交換です。
 うれしいー !

       NSエンジンの組み立て-1-
   リビルトエンジン組立ての様子です。

 エンジン分解後、洗浄・サンドブラスト・塗装後
 組み立てていきます。

 内部部品は事前に測定しておきます。
 30年以上経過しているので、磨耗具合を
 チェックしておきます。



      1. シフトドラム組み付け
   シフトドラムのBRGに異常の無い事を
   確認してLOWERケースに取付ます。



      
2. ドラムストッパー取付け
   ボルトは一度に締付けるのではなく、
   ストッパーとシフトドラムのカム山との
   当りをストッパーを動かしながら、ボルトを
   2度3度と分けて締めると旨く付きます。



      
3. ドラムシフター、ガイドプレート
        の取付け

   ガイドプレートにドラムシフターを組込み
   ラチェットポールをすぼめる方向に押さえ
   シフトドラム-シフターピンにはめ込んで
   いきます。
    
※ポールプランジャーSPGが折れて
     いる事があります。LOWギヤへの
     入りが悪いとか、ギヤチェンジ時に
     空送りするなどは、これが原因です。





      
4. ギヤシフトカバーのオイルシール
       交換

   古いオイルシールは−ドライバーで
   テコの要領で取り外します。
   新しいオイルシールは外周にオイルを
   塗り、ギヤシフトカバーに取付けます。







      
5. ギヤシフトカバーガスケットの
       取付け

   
純正部品のガスケットは廃番です。
   2T PROJECT製NS250/400下ガスケット
   セットのギヤシフトカバーガスケットを
   取付けます。
   
Rカバーガスケット・ギヤシフトカバー
   ガスケット・オイルポンプベースガスケット
   のSETで税込み 3,780円

   ギヤシフトカバーを取付けボルトを
   締付けます。









       NSエンジンの組み立て-2-
   下ケースの内部組付けが終わりました。
   キ゜ヤーシャフトとクランクシャフトを並べ
   ケースを合わせます。


 1. ギヤーシャフト、クランクシャフトの取付
   ギヤーのホジションはN(ニュートラル)で、
   MシャフトASSYで取付けます。
   シャフトENDのニードルBRGは、位置決め
   ノック穴がありますので、ケース側のノック
   ピンに合わせてセットします。

   CシャフトASSYをセットします。
   Rシフトフォークが後ろ方向に倒れていて
   セットしにくい状態です。配線ドライバー
   などの細い棒でシフトフォークを起こし
   ながらCシャフトASSYを取付けます。
   CシャフトもMシャフト同様ニードルBRGに
   位置決め穴があります。合わせてセット
   します。Cシャフトのオイルシールも
   忘れずに交換しておきます。


   クランクシャフトのBRGアウターに位置
   決めのピンが打ってあります。
   とりあえず上方向に向けておいて、
   オイルシール溝(L.C.Rの3ヶ所)とL側
   BRG溝に合わせ入れた後、BRGを回して
   位置決めピンをケース前側の溝に入れ
   ます。


        2. ケースの組付け
   
ケース合せ面の液体パッキンは上側の
   ケースに塗ります。


   
液体パッキンにはスリーボンドを使用
   しています。(これメーカー純正ですよ)


   








   上側のケースよりボルトを締めていきます。

    @ 8mm 2.1-2.5kg-m
    A 6mm 1.0-1.4kg-m


   次に下側よりボルトを締めていきます。

    @ 8mm 2.1-2.5kg-m
    A 6mm 1.0-1.4kg-m


  ケース下側(OILパスパイプステー共締め)

       3. ポンプ類の取付け
  
ウォーターポンプ、OILポンプの順で
  取付けていきます。




       4. スタッドボルトの取付け
  
通常のエンジン分解整備では、外す事は
  無いですが、ケース塗装の為外しました。



    フロントシリンタ゜ー側に1本だけ長い
    スタット゛ボルト有り。ご注意 !
 



  オイルシールの前後(クランクL.C.Rと
  Cシャフト)で、ケースとの境目には、
  液体パッキンを塗っておきます。

  オイルシールの交換もお忘れなく !










   BRG面には絶対に液体パッキンが
   はみ出さない事 !

         ケース上側













 OILポンプを外さないと、ウォーターポンプは
 取り外せないと、覚えておきましょう。

 NSエンジンの組み立て-3-

ケースの上廻りを組立てます。
1.  ピストンの取付け      
これまで何台ものNSのエンジンを分解
してきましたが、ピストンリングが使用可能な
ものは、1機もありませんでした。それに
対してシリンダーの磨耗はほとんど見当たり
ません。恐るべしNSシリンダー !

Pリングを新品に交換して組上げます。

NS250 Pリング セット 2,700円
絶賛販売中 !


2.  シリンダーの取付け   
オイルを塗ってPリングを抑えて組みます。

NS250(上) ガスケット セット
シリンタ゜ーヘッドガスケット×2
シリンダーガスケット×2
リードバルブガスケット×2
キャブインシュレータガスケット×2
6,480円
好評販売中 !







3.  シリンダーヘッドの取付け
フロントとリヤーそれぞれ専用なので
誤組立てに注意します。










4.  ATACの取付け   
ATACリンクカバーガスケットBは、
リンク類を取付ける前にセットしてないと
後で付きません。(Aは後でもOK)

リンクシャフトにはモリブデングリスを
塗布します。


NS250 ATACガスケットセット
ATACリンクカバーガスケット A×1
ATACリンクカバーガスケット B×1
ATACチャンバーガスケット ×1
エキゾーストパイプガスケット ×1
2,700円
好評販売中 !
 

       ピストンの向きに注意 !






 ATACチャンバー内のオイル汚れヒデー!
 
NSフューエルコックの修理

この年式では、さすがに純正部品は無い。
又、分解修理したくても補修パーツも・・・。
と、言う事でその修理をしてみたいと   
思います。               
1. 分解と加工                
プレートのカシメ部にセンター穴が有り、
この穴よりφ2.5mmのドリル加工します。
穴が開きましたら、10mm程度のドリルで
面取り感覚でカシメを除去します。
写真のように分解できます。
又、腐敗ガソリンで固着している場合は、
アセトンで漬け置き洗浄します。


カシメ部分は軸を残して、φ2.5mm穴を
下穴としてM3mmのタップを立てねじ穴を
作っておきます。この軸を削り落として
しまう人が時折見られますが、プレートの
センター位置決めを兼ねていますので、
必ず残します。
               









送油部分に磨耗等見られますが、
セパレーター(蜂の巣)が回転しない様、
凸があれば問題無し。
         












Xリング・・・・。Oリングの間違いではと、
いえいえ、断面形状がOとかXなのです。

もちろん新品と交換です。










2. 組立て             

セパレーターとXリングにラバーグリースか
シリコングリースを薄く塗布します。

Xリングはねじれ易いので注意して溝に
はめ込みます。  
            



M3×10を2本、ねじ部にはねじロックを
塗布して組み付けます。
ストレーナーも新品に交換しました。
16952-MG2-005・・・廃番      

16952-KPM-003・・・代替パーツあり
H28. 5.時点 2,268円(Webike)


 

   洗浄後の写真で、ラバー類は廃棄


    カシメ部の軸は必ず残しておく事







 送油穴が埋まるほど、グリースを付けない !


 近日に交換用ラバー(蜂の巣とXリング)
 発売予定 !

 道具が無い、分解の自信が無いと、
 言われる方の為に、預かり加工修理も
 実施予定です。 HPをチェックしてね !



      センターシール抜け確認

    エンジン分解前に必ず行う事ですが
    写真撮りを毎回忘れてしまってました。
    今回は忘れずに撮影しました。


    混合ガソリンをリヤ側に注入して、
    フロント側から洩れてこなければOK!







   フロント、リヤ共にピストンもシリンダーも
   キズも無くきれいです。
   が、しかし、、Pリングが固着しています。
   なしてーぇ。良く見るとPリングに錆が。
   EX側が錆ています。
   運悪く、EX開口部でPリング位置があり、
   そのまま放置プレーされて錆たんですね。
 
   どうせPリングは磨耗していると思われる
   ので、交換しますけどね。

   ただ怖いのは、こうゆう状態のエンジンが
   始動すると言うだけで、売られている事。

 

 

  ガソリンで満たされたリヤ側ケース







inserted by FC2 system