MVXの整備、改造に関する記事です。
皆さんのバイクライフの参考になれば幸いです。


   フロント フォークパイプのメッキ

 旧車の必修項目であります、フォーク
パイプの錆落とし。しかし、極錆の場合は
再メッキと言われます。
メッキの種類は、
ハードクロームになります。
メッキ屋さんに依頼する場合の注意点!
オークション等で入手した、バイクや部品で、
素性の判らない(転倒歴)場合、フォークパイプ
に曲がりのある物があります。又、錆の進行が
下地(素材)まで及んでいる物は、再メッキ後、
ピンホールが発生します。従って、
旋盤加工
プレス加工、メッキ処理の行程が可能な、
メッキ屋さんと言う事になってきます。
 
 フォークシールやスライダーブッシュなど
 消耗交換パーツを準備(確保) !


 メッキ屋さんより戻って来た、輝ける
 フォークパイプ。
 メッキのお値段 15,000円/1本
        
        【フレームの塗装】 

 フレームの錆が酷いので、塗装します。
 汚れを落として古い塗料を剥離します。
 特にメインスタンドの取付け部分の汚れが
 酷い。(洗剤とブラシで根気よく)




 剥離剤を塗布して古い塗装を浮かします






        使用した剥離剤
    (ホームセンターで一番安い商品)

         − \798 −




  ワイヤーブラシで浮いた塗装を取ります。
  電動、手作業、両方で行います。
        根性! 根性! ど根性 !









      使用したカラーは、NH-552M
           - \1,239 -
      
         クリヤー  - \998 -
         (カー用品店で購入)









       美しく輝くMVXのフレーム !

  
          剥離中 −!

  
         剥離剤

  
      剥離済みのフレーム

  
    スプレーペイントとクリヤー

  
    塗装終了後のフレーム

         【ケースの塗装】

  サンドプラスト処理したあと、耐熱塗料
  を塗装します。
  MVX ENGケースの超重要事項です。
  点火系が4ストと同じ構成になっていて、
  セルスタート機能が無いMVXには、ENG
  アースケーブルがありません。
  ENG-GND点は、
ENGハンガー部分
  なります。間違ってもこの部分に塗装を
  しないよう注意です。(マスキング処理)

 
  

   色艶が蘇ったアッパー&ロアーケース

   
 
  

  
     【キャブレータの分解・組立て】

   燃料タンク、エアクリーナーを外すと
  キャブレータが現れます。スロットル・
  ケーブルを外し、バンドを緩めてから
  キャブレータをエンジンより取り外します。


  状態の悪いものは、インシュレータや
  コネクティングチューブを工業用ドライヤー
  で暖めてからキャブレータを外さないと、
  ゴムに
割れが発生する事があります。
  ご注意の事。


   MVXキャブレータ分解時に、一番多い
  失敗はこれです。
   リヤステーの下、#1キャブにスプリングと
  スチールボールがあり、部番設定も無い
  ので、紛失すると大変です。
要注意 !

      

   スターターリンクを外します。
   スターターレパーが3個付いてますので、
   ネジを緩めてからスターターリンクを
   抜取ります。


      

    同調スクリュー、同調スプリングを
    外します。


      
           外した部分


    フロントステーを外して分割させます。

      


     ジェット類ですが、長期放置車などで
    ガソリンが腐敗したりしたものは、スロー
    ジェットが分解できず、無理に外そうと
    してスロージェットの頭をなめてしまう
    事がよくあります。その場合は、工業用
    ドライヤーで熱すると、腐敗ガソリンの
    ガム分が軟らかくなり、取外し易く
    なります。






    スロットルバルブカバーの取外し
    ですが、写真の様な特殊な頭の
    ビスが1本付いています。
    いじり防止トルクスとか、スター
    ヘックスと呼ばれています。
    サイズはT20です。此れさえ外れば
    スロットルバルブが現れます。


      

   キャブレータの分解が完了しました。
  各部洗浄、サンドブラスト、ステーの再
  メッキ、ビスの交換、パッキン、ガスケット
  Oリングの交換をして組立てます。


    MVX キャブガスケットセット
      19,440円  好評発売中


  スロットルバルブとボディーを組付け
  パッキンを新品と交換します。

    

   スロットルバルブカバーを合せ、新しい
   ビス組立てます。


   バイ スターターバルブとエア・スクリュー
   を取付けます。エア・スクリューは
   締込んだ位置から戻し回転数1・3/4
   回転。


     

    油面調整のフロート高さは、15.5mm
   フロートバルブは高価ですが、なるべく
   新品に交換したい部品です。


     

    エアーベントチューブは#1以外は、
    キャブレータを連結してからでは
    取付け困難なので、この段階で
    取付けておきます。


    フロントステーを仮付けしながら、
    同調調整スクリュー、スプリング、
    スラストスプリング、フューエル
    ジョイントをキャブ同士の間に
    取付けていきます。


    バイスターターアームシャフトを
    スターターレバー3個を通しながら
    取付けます。

    リヤ側#1キャブレータにスプリングと
    スチールボールを取付け、リヤステー
    を取付けます。

      

    スロットルドラムが付いているキャブ
    レータが同調の基準となるので、
    MVXの場合は#2のスロットルバルブ
    の開口高さに、#1、#3のスロットル
    バルブの開き高さを合せます。
    これがキッチリと合っていると、のちの
    バキュームメーターを使った調整時、
    ほとんど狂っている事はありません。



 


         #1キャブレータ


        スターターリンク


           外す前


         フロントステー




         特殊な頭のビス














  メッキ屋さんから戻ってきたステー類


       フロントステー組付け


     小さな部品です、紛失注意 !


  念のため測定。バッチリ合ってます。






 

inserted by FC2 system